仮面ライダーキバ 仮面ライダーカブトに関するあらゆることを紹介します。画像 動画 壁紙 PS2 劇場版
仮面ライダーカブト

スポンサード リンク


【仮面ライダー】

このブログは、「仮面ライダーカブト」について、いろいろ書いてます。

後番組の「仮面ライダー電王」については
>>>仮面ライダー電王のすべて

2008年放送予定の仮面ライダーについては
>>>仮面ライダーキバのすべて



スポンサード リンク

仮面ライダー ザビー/仮面ライダー カブト

仮面ライダー ザビーの資格者について

仮面ライダーカブトのすべて 仮面ライダーカブトのブログ」管理人の「おやっさん」です。よろしくお願いします。


ザビー資格者について解説します。

ザビーは頻繁に装着者が代変わりしている唯一のマスクドライダーです。各資格者の戦闘スタイルや資格喪失の原因を説明します。

ザビー資格者は、基本的にシャドウのチームリーダーを兼ねています。


初代資格者、矢車想


第6話〜第9話。
パンチを主体にしてミドルキックも放つ、ヒットアンドアウェイ戦法を得意としていました。ザビーの特長を最大限に生かした戦闘スタイルといえるでしょう。

矢車がカブト抹殺に執着するあまり、自らの道を外れたことで、ザビーゼクターは矢車から資格を剥奪しました。

しかしその後、キックホッパーになっていた矢車を再びザビー資格者に選んで彼の元へ向かいますが、既にZECTへの未練の無い矢車は資格を拒絶しました。


2代目資格者、加賀美新


第9話〜第10話。

特にスタイルはなく自己流です。
念願のライダーになった興奮から、乱暴な戦い方をしていました。

二度目の戦闘で、初めて戦うワーム成虫体を相手にして、戦闘経験の未熟さがあらわれてしまいます。この時はカブトに助けられ、一応勝利しました。

加賀美がカブト抹殺の任務を嫌い、自ら資格放棄したことで、ザビーゼクターは加賀美を資格者から外しました。



3代目資格者、影山瞬


第13話〜第33話、第44話。

典型的なボクサースタイルで、戦闘中ほとんどキックや投げといった技を使いません。ガードを固めてステップを使い、パンチのラッシュで敵を畳み掛けます。

唯一ライダースティングを同時複数に当てたことがあります。

一時期、天道の元につきましたが、資格自体が影山から外されていたわけではないようです。44話で影山は再びザビーに変身する事ができましたが、カッシスワーム グラディウスに敗北した事で、ザビーゼクターは影山から資格を剥奪しました。



三島正人


第16話のみ。

ワームに苦戦する影山に戦いを教えるために変身しました。

この時は、ザビーゼクターを無理矢理捕らえて強制的に変身しました。

すべての戦闘シーンが描写されていなかったので、戦闘スタイルは判断がつきませんが、パンチで敵を倒したようです。



仮面ライダーカブトのことなら仮面ライダーカブトのすべて 仮面ライダーカブトのブログ」でどうぞ!

仮面ライダー ザビー/仮面ライダー カブト

仮面ライダーザビーのバイク

仮面ライダーカブトのすべて 仮面ライダーカブトのブログ」管理人の「おやっさん」です。よろしくお願いします。


仮面ライダーザビーの乗っているバイクを解説します。


マシンゼクトロン


ZECTが開発した汎用バイクです。ドレイクも同じ型のバイクを使っています。

フロントカウルにはそれぞれのライダー専用のZECTマークがプリントされていて、ザビー仕様のバイクにはザビーマスクドフォームの左肩にもあるZECTマークがプリントされています。

マイクロ波放電式イオンエンジンを搭載していて、基本設計はカブトエクステンダー、ガタックエクステンダーと同様となっています。

量産型であるためエクスモードへのキャストオフ、クロックアップ機能はオミットされています。

フロントカウル部のゼクトロンピンチは、敵をくわえて噛み砕く白兵戦用の武器となるほか、電磁波を照射して分子振動を起こして200メートル先の標的を粉砕することもできます。

背部のテールコンテナには、それぞれのライダーのモチーフの昆虫型ロケットが搭載されていて、偵察、攻撃を行うことができます。このマシンには蜂型ロケットが搭載されています。

全長   2070ミリメートル
全高   1160ミリメートル
全幅   740ミリメートル
速度   時速400キロメートル
原型車種   ホンダCBR1000RR



仮面ライダーカブトのことなら仮面ライダーカブトのすべて 仮面ライダーカブトのブログ」でどうぞ!

仮面ライダー ザビー/仮面ライダー カブト

仮面ライダー ザビーのツール

仮面ライダーカブトのすべて 仮面ライダーカブトのブログ」管理人の「おやっさん」です。よろしくお願いします。


ザビーのツールを解説します。

ザビーゼクター


資格者が仮面ライダーザビーに変身する時に使う、スズメバチ型昆虫コアです。

プライドの高い性格で、一度、資格者と認めても、自分の意向にそぐわなければ排除します。

そのため、長期間適合する資格者に恵まれないため、他のゼクターに比べて資格者の変遷が激しくなっています。

適合者ではない三島につかまって強制的に変身させられたこともありますが、基本的には資格者の下にしか飛来しません。

影山を見捨てた後、再び矢車を選びますが、ZECTへの未練を無くしていた矢車に拒絶されてしまうこともありました。

最終決戦グリラスワーム戦において、パーフェクトゼクターに合体した状態で他のゼクターと共に使われましたが、パーフェクトゼクターもろとも破壊されてしまっています。


ライダーブレス


ZECTが開発した、ザビーに変身するためのブレスレット型変身ツールです。
左手首に装着して、ザビーゼクターをセットすると仮面ライダーザビーへ変身できます。



ゼクトマイザー


ライダー共通の支援武器です。

マイザーボマーはハチ型で、ザビーボマーと呼ばれます。TV本編では未使用です。



仮面ライダーカブトのことなら仮面ライダーカブトのすべて 仮面ライダーカブトのブログ」でどうぞ!

仮面ライダー ザビー/仮面ライダー カブト

仮面ライダーザビー

仮面ライダーカブトのすべて 仮面ライダーカブトのブログ」管理人の「おやっさん」です。よろしくお願いします。

仮面ライダーザビーについての解説です。


仮面ライダーザビーはZECTがシャドウの指揮官兼カブトの抹殺任務に就かせたマスクドライダー第2号です。

モチーフはスズメバチ。基本カラーは黄。第7話より登場します。


仮面ライダーザビー マスクドフォーム


仮面ライダーザビーの第一形態です。

ザビーゼクターをライダーブレスにセットすることで変身します。

資格者によって戦闘方法が違っていますが、専用武器を持たないために、素手によるパンチ主体で攻撃します。

身長   192センチメートル
体重   127キログラム
パンチ力   8トン
キック力   9トン
ジャンプ力   一跳び21メートル
走力   100メートルを8,6秒


仮面ライダーザビー ライダーフォーム


仮面ライダーザビーの第二形態です。

ザビーゼクター背部のゼクターウィングを上げて、両ウィング間のバインドリングを持って内側に回転させ、前後を展開させることによりキャストオフが開始され、完了時にチェンジワスプという電子音声が発声されこの形態となります。

腕のザビーゼクターからはゼクターニードルが伸びて、武器として戦います。

身長   192センチメートル
体重   92キログラム
パンチ力   3トン
キック力   6トン
ジャンプ力   一跳び39メートル
走力   100メートルを五,6秒(通常時間時)


必殺技

ライダースティング

ゼクターニードル上部のフルスロットルを押す事で、ライダースティングという電子音声の発声とともに、ゼクター内にて生成、貯蔵されたタキオン粒子を開放、チャージアップして発動します。

チャージアップしたタキオン粒子を波動に変換し、ニードルに集中し、突き刺すことで相手は原子崩壊を起こし消滅します。

破壊力は17トンです。





仮面ライダーカブトのことなら仮面ライダーカブトのすべて 仮面ライダーカブトのブログ」でどうぞ!

×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。