仮面ライダーキバ 仮面ライダーカブトに関するあらゆることを紹介します。画像 動画 壁紙 PS2 劇場版
仮面ライダーカブト

スポンサード リンク


【仮面ライダー】

このブログは、「仮面ライダーカブト」について、いろいろ書いてます。

後番組の「仮面ライダー電王」については
>>>仮面ライダー電王のすべて

2008年放送予定の仮面ライダーについては
>>>仮面ライダーキバのすべて



スポンサード リンク

仮面ライダー カブトの登場人物

神代 剣(かみしろ つるぎ)

いつもありがとうございます。「仮面ライダーカブトのすべて 仮面ライダーカブトのブログ」管理人の「おやっさん」です。よろしくお願いします。

「神に代わって剣を振るう男」神代 剣(かみしろ つるぎ)を紹介します。

設定20歳。仮面ライダーサソードの資格者です。自分のことを「神に代わって剣を振るう男」と自己紹介します。

イギリスの名門貴族、ディスカビル家の本家である神代家の当主で、執事の「じいや」といっしょに大邸宅に住む富豪ライダーです。

しかし、神代家は経済的に破綻してしまっています(原因は不明)。

当初は、じいやの必死の努力で神代家没落の事実は隠されていました。

じいやが過労で倒れてしまったときに、剣は真相を知ります。そして自ら神代家を立て直すためアルバイトに精を出しますが、社会経験が無いためにミスを連発します。そのため稼ぎは無いにひとしい状態ですが、剣本人はそんなことすらピンとこずに本人なりに努力しています。

「庶民の幸せを理解しなければ、どんなに大金があってもすぐに使い切ってしまう」と、彼なりに庶民の生活を学ぼうとし、徐々に人並みの幸せを理解できるようになっていきました。

幼少時より、常に貴族らしく振舞うことを教育されていて、自分に絶対的な自信を持つ究極の「俺様系」に育っています。

「男は燃えるもの」「友情に勝る財産はない」など、同じく「俺様系」の天道とは対照的で、辟易とさせたりしますが、下々の民へは彼なりに気を遣っています。

高貴な振る舞い(noblesse oblige、ノブレス オブリージュ)を信念としていて、天道加賀美など自らが高貴な振る舞いを認めた者に対しては、信頼と尊敬を示します。

特に加賀美に対しては、ワームに肉親を殺されたという似たような境遇もあって、彼を「カ・ガーミン」と呼んで親友として慕うようになります。
内心は素直で寂しがりやなんですね。

現代社会の常識とはかけ離れた教育のために、異常に世間一般の事柄に疎く、一般常識は皆無に等しいですが、加賀美ら一般人と付き合ううちに、少しづつ社会に溶け込める様になって、徐々に高慢さが薄れていき「憎めない奴」になっていきました。

1年前に、目の前で最愛の姉である美香をスコルピオワームに殺害された過去があって、当初はトラウマとなっている姉への想いにとらわれて、「すべてのワームは俺が倒す」と、自分がワームを倒すのを邪魔する者は他のライダーであろうとも排除する孤独な戦いをしていました。
一時、ZECTワーム1体につき120万円という報酬で雇われていました。

上記のトラウマのために、姉の記憶を蘇らせる薔薇を極端に嫌っています。

戦闘では、あらゆることにおいて頂点に立つと豪語するだけのことはあって、生身の状態でもロングソード(ディスカリバー)を使用してワームサナギ体を数匹倒すなどの実績を残しています。

岬に擬態したワームと接触したことで、本物の岬に姉の面影を重ね合わせるうちに恋心を抱くようになります。

彼女を「ミサキーヌ」と呼び積極的にアプローチをかけては、失敗を繰り返します。その後、天道の指摘で、姉の身代わりではなく岬自身を真っ直ぐに愛することを決めます。

カッシスワーム クリペウスによって、本物の剣もスコルピオワームに殺されており、今の自分はワームが擬態したものであることを知らされることになります。

自らの手で姉や自分自身を殺してしまったことを知り、その事実に絶望しますが、「すべてのワームを倒す」という目的を遂げるために、自らの存在ごとすべてのワームを消し去ることを決意します。

カッシスワーム クリペウスを配下にしてワーム軍団を牛耳り、各地に散らばっていたワームをアジトに集結させて、ZECTによりワームのほとんどを根絶することになりました。
そして自らも、ハイパーカブトのマキシマムハイパータイフーンによって進んで倒されます。

最期は神代邸でじいやに看取られながら安らかに息を引き取りました。

41話では、矢車に誘われて一時期「闇の住人」になっていたこともあります。しかし性格が変わったわけではなく、相変わらずの天然っぷりや「地獄において頂点に立つ」という態度に、矢車影山も少し呆れていました。

憎めないキャラだけに、設定の悲惨さがとても悲しいですね。

演 山本裕典


仮面ライダーカブトのことなら仮面ライダーカブトのすべて 仮面ライダーカブトのブログ」でどうぞ!


スポンサード リンク
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバック
なななんと、ホスト部が実写化ですか?!
もしかしてあり得るかも、と思っていましたが。
ブログ名アクロイアへようこそ
2007-05-24 22:28


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。