仮面ライダーキバ 仮面ライダーカブトに関するあらゆることを紹介します。画像 動画 壁紙 PS2 劇場版
仮面ライダーカブト

スポンサード リンク


【仮面ライダー】

このブログは、「仮面ライダーカブト」について、いろいろ書いてます。

後番組の「仮面ライダー電王」については
>>>仮面ライダー電王のすべて

2008年放送予定の仮面ライダーについては
>>>仮面ライダーキバのすべて



スポンサード リンク

仮面ライダー カブトの登場人物

影山 瞬(かげやま しゅん)

いつもありがとうございます。「仮面ライダーカブトのすべて 仮面ライダーカブトのブログ」管理人の「おやっさん」です。よろしくお願いします。

仮面ライダーザビーの資格者、「影山 瞬(かげやま しゅん)」を紹介します。

設定20歳。シャドウのメンバーで、仮面ライダーザビー3代目の資格者です。のちに、仮面ライダーパンチホッパーの資格者となります。

物語当初は、真面目な体育会系の好青年という感じでの登場でした。

初代シャドウリーダーである矢車を誰よりも尊敬していました。しかし、心の奥では、「目的のためには手段を選ばないダーティかつエゴイスティックな行動理念」がうずまいていて、ZECTの地位を失いたくないがために、(本心は三島や天道を嫌っているが)三島や天道に泣きすがりついたりと、卑屈な性格が見え隠れします。

矢車がカブト抹殺に失敗し更迭されたとき、組織を乱す不協和音として見下し、あっさりと切り捨てる、冷酷で自分勝手な面も見えます。

矢車追放後、ザビーゼクターに選ばれシャドウ隊長に就任しますが、任務失敗を重ねたうえ、後に再登場した矢車(キックホッパー)に敗北し、天道ザビーゼクターを奪われ、三島だけでなくシャドウのメンバーからも不協和音とみなされ、ZECTを追われてしまうなど、いいとこがありません。

完全に孤立してしまい、ZECTとワーム双方から攻撃を受けている時に、矢車に助けられます。

唯一、自分に目を向けてくれた矢車と再び結束し、ホッパーゼクターを受け取ってパンチホッパーの資格者となります。

以後、矢車を「兄貴」と慕い、2人で連れ立って気ままな行動をとります。

影山自身は、若干の正義感や過去の栄光を求めていて、再びザビーに復帰することもありましたが、独断戦法によってカッシスワームグラディウスに惨敗して、再びザビーの資格を喪失してしまうことになります。

再び矢車の元へ戻り世捨て人のような生活をおくります。

終盤、矢車と共に白夜の世界を求めて旅に出ることを決意しますが、ネイティブが配布したネックレスのため、ネイティブになりかけてしまいます。

未来に絶望した影山は、最後に矢車の手によって殺されることを望み、キックホッパーのライダーキックにより壮絶な最期を遂げました。

演 内山眞人


仮面ライダーカブトのことなら仮面ライダーカブトのすべて 仮面ライダーカブトのブログ」でどうぞ!


スポンサード リンク
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/42139357
この記事へのトラックバック

×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。