仮面ライダーキバ 仮面ライダーカブトに関するあらゆることを紹介します。画像 動画 壁紙 PS2 劇場版
仮面ライダーカブト

スポンサード リンク


【仮面ライダー】

このブログは、「仮面ライダーカブト」について、いろいろ書いてます。

後番組の「仮面ライダー電王」については
>>>仮面ライダー電王のすべて

2008年放送予定の仮面ライダーについては
>>>仮面ライダーキバのすべて



スポンサード リンク

仮面ライダー カブトの登場人物

矢車 想(やぐるま そう)

いつもありがとうございます。「仮面ライダーカブトのすべて 仮面ライダーカブトのブログ」管理人の「おやっさん」です。よろしくお願いします。

ザビーの資格者、矢車 想(やぐるま そう)を紹介します。

設定年齢27歳。劇中では、仮面ライダーザビーの最初の資格者です。後に、仮面ライダーキックホッパーの資格者として再登場します。

仮面ライダーザビーの資格者であると同時に、ZECT本部直轄の精鋭部隊、シャドウのリーダーでした。

「パーフェクト・ハーモニー(完全調和)」を信条としていて、戦闘時には的確に部下を指示し、チームプレーでワームに対処していました。

部下たちからの信頼は厚く、加賀美も感銘を受け、一時は彼の部下として働いていたこともありました。

調和を乱すスタンドプレーを極端に嫌っていて、天道との相性は非常に悪いようです。

「完全調和のシャドウ」を、スタンドプレーでことごとく出し抜く天道には、あせり、苛立ちを覚えて、カブト抹殺のみにこだわるようになってしまいます。

カブト抹殺にこだわり、完全調和を失って、戦闘中の部下を見殺しにしてしまったことで、ザビーゼクターに見限られてしまいます。

そのままザビーの資格を失い、シャドウチームリーダーも解任となり、さらに影山の奸計でZECTから追放され、物語からも一時退場となりました。

その後、33話から、「仮面ライダーキックホッパー」の資格者として再登場します。

以前からは想像もできない姿で、己を卑下し「完全調和」の精神さえ喪失するほどにやさぐれていました(通称やさぐるま)。

その後、ザビー資格者の座を追われ、孤立していた影山にホッパーゼクターを授けて、「弟」として義兄弟の契りを交わすようになります。

天道・加賀美・ZECT・ワームなど、どのグループにも属さず、自らを「闇の住人」と称して影山と2人で連れ立って行動します。

かつては、趣味として料理を嗜み、豆腐対決では一度は天道に勝ったこともある程の腕前でした。部下に手料理を振舞うこともあったりしました。キックホッパー資格者となって以降は、ほとんどインスタント食で済ませているようです。「兄貴ラーメン塩」「弟ラーメン味噌」?

戦闘力はトップクラスで、一度はカブトに勝利しライダーベルトを破壊しました。ZECTを追われ荒んだ後には、更に攻撃的になって、喧嘩殺法(しかも足技のみ)を駆使して、ウカワーム・キャマラスワーム2体相手に互角以上に戦えるくらいでした。

カッシスワームとの戦いを経たのち、もう一度「光」を求める事を決意します。「闇の中の光」と表現して白夜を見るために、影山と旅立とうとしていました。しかしネイティブの配布したネックレスによって影山はネイティブとなってしまいます。絶望した影山の最後の願いで、ライダーキックで彼を倒します。

最後は影山の亡骸と共に貨物船に乗り、「自分たちだけの光」を求め、白夜の世界へ旅立って行きました。

カブトに登場するライダーたちのなかで、悲壮感ただようシリアスな最後をむかえた二人です。

演 徳山 秀典

仮面ライダーカブトのことなら仮面ライダーカブトのすべて 仮面ライダーカブトのブログ」でどうぞ!


スポンサード リンク
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/42033112
この記事へのトラックバック

×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。