仮面ライダーキバ 仮面ライダーカブトに関するあらゆることを紹介します。画像 動画 壁紙 PS2 劇場版
仮面ライダーカブト

スポンサード リンク


【仮面ライダー】

このブログは、「仮面ライダーカブト」について、いろいろ書いてます。

後番組の「仮面ライダー電王」については
>>>仮面ライダー電王のすべて

2008年放送予定の仮面ライダーについては
>>>仮面ライダーキバのすべて



スポンサード リンク

仮面ライダー ザビー/仮面ライダー カブト

仮面ライダー ザビーの資格者について

仮面ライダーカブトのすべて 仮面ライダーカブトのブログ」管理人の「おやっさん」です。よろしくお願いします。


ザビー資格者について解説します。

ザビーは頻繁に装着者が代変わりしている唯一のマスクドライダーです。各資格者の戦闘スタイルや資格喪失の原因を説明します。

ザビー資格者は、基本的にシャドウのチームリーダーを兼ねています。


初代資格者、矢車想


第6話〜第9話。
パンチを主体にしてミドルキックも放つ、ヒットアンドアウェイ戦法を得意としていました。ザビーの特長を最大限に生かした戦闘スタイルといえるでしょう。

矢車がカブト抹殺に執着するあまり、自らの道を外れたことで、ザビーゼクターは矢車から資格を剥奪しました。

しかしその後、キックホッパーになっていた矢車を再びザビー資格者に選んで彼の元へ向かいますが、既にZECTへの未練の無い矢車は資格を拒絶しました。


2代目資格者、加賀美新


第9話〜第10話。

特にスタイルはなく自己流です。
念願のライダーになった興奮から、乱暴な戦い方をしていました。

二度目の戦闘で、初めて戦うワーム成虫体を相手にして、戦闘経験の未熟さがあらわれてしまいます。この時はカブトに助けられ、一応勝利しました。

加賀美がカブト抹殺の任務を嫌い、自ら資格放棄したことで、ザビーゼクターは加賀美を資格者から外しました。



3代目資格者、影山瞬


第13話〜第33話、第44話。

典型的なボクサースタイルで、戦闘中ほとんどキックや投げといった技を使いません。ガードを固めてステップを使い、パンチのラッシュで敵を畳み掛けます。

唯一ライダースティングを同時複数に当てたことがあります。

一時期、天道の元につきましたが、資格自体が影山から外されていたわけではないようです。44話で影山は再びザビーに変身する事ができましたが、カッシスワーム グラディウスに敗北した事で、ザビーゼクターは影山から資格を剥奪しました。



三島正人


第16話のみ。

ワームに苦戦する影山に戦いを教えるために変身しました。

この時は、ザビーゼクターを無理矢理捕らえて強制的に変身しました。

すべての戦闘シーンが描写されていなかったので、戦闘スタイルは判断がつきませんが、パンチで敵を倒したようです。



仮面ライダーカブトのことなら仮面ライダーカブトのすべて 仮面ライダーカブトのブログ」でどうぞ!


スポンサード リンク
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバック

×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。