仮面ライダーキバ 仮面ライダーカブトに関するあらゆることを紹介します。画像 動画 壁紙 PS2 劇場版
仮面ライダーカブト

スポンサード リンク


【仮面ライダー】

このブログは、「仮面ライダーカブト」について、いろいろ書いてます。

後番組の「仮面ライダー電王」については
>>>仮面ライダー電王のすべて

2008年放送予定の仮面ライダーについては
>>>仮面ライダーキバのすべて



スポンサード リンク

仮面ライダー カブト

仮面ライダーカブト ハイパーフォーム

仮面ライダーカブトの第三形態。別名ハイパーカブト。
ハイパーゼクターのゼクターホーンを倒すことによってハイパーキャストオフが開始され、全身のアーマーが内部にタキオンプレートを収納した、ヒヒイロノカネの2倍以上の強度を持つヒヒイロノオオガネで構成されたカブテクターへと再構成された形態。

この形態は厳密には2つの形態に分けられる。
ハイパーゼクターによって変身した直後のジャケットを羽織ったような姿をした通常形態、そしてハイパーゼクターのスイッチを叩くことにより、カブテクターを展開してタキオンプレートが露出したハイパークロックアップ状態。

プレートからタキオン粒子を解放することによって、大気中、真空中を自由に飛翔する能力、そして従来のクロックアップの数十倍ともいえるスピードと、過去や未来を自由に行き来する能力を誇るハイパークロックアップが使用可能となる。

仮面ライダーカブトがハイパーフォームへと変身した際には、皆既日食が起こる事が確認されている。

身長   198センチメートル
体重  102キログラム
パンチ力   10トン
キック力   15トン
ジャンプ力   一跳び50メートル
走力   100メートルを4,2秒(通常時間時)

必殺技
ハイパーライダーキック

ハイパーフォーム時の必殺技。
ライダーフォーム時の必殺技ライダーキックに、ハイパーゼクターが時空内のタキオン粒子を無尽蔵に吸収することによって発動するマキシマムライダーパワーを加える事で、ライダーキックの威力を格段に強化させた必殺のキック。

ライダーキックの発動手順の前に、ハイパーゼクターのゼクターホーンを倒すことでハイパーゼクターから「マキシマムライダーパワー」という電子音声の発声とともにチャージアップする。
カブトゼクターにマキシマムライダーパワーが送り込まれた後にライダーキックの発動手順を踏む事で、ライダーキックのエネルギーがハイパーフォームのヒヒイロノオオガネ製の右足甲部ハイパーステップに同時に送り込まれ発動する。
蹴りの形は従来のライダーキック同様の飛び蹴りになっている。
破壊力はライダーキックの1,5倍以上となる30トン。


スポンサード リンク
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバック

×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。