仮面ライダーキバ 仮面ライダーカブトに関するあらゆることを紹介します。画像 動画 壁紙 PS2 劇場版
仮面ライダーカブト

スポンサード リンク


【仮面ライダー】

このブログは、「仮面ライダーカブト」について、いろいろ書いてます。

後番組の「仮面ライダー電王」については
>>>仮面ライダー電王のすべて

2008年放送予定の仮面ライダーについては
>>>仮面ライダーキバのすべて



スポンサード リンク

仮面ライダー カブト

仮面ライダーカブト ライダーフォーム

仮面ライダーカブトの第二形態。
ライダーベルトに装着されたカブトゼクターにあるゼクターホーンを右側に展開する事によって、キャストオフが開始され、ライダーフォームへと移行する。

マスクドアーマーの飛散後、顎のローテートを基点にカブトホーンが起立し顔面の定位置に収まり、完了時に「チェンジビートル」という電子音声が発声される。

身長   195センチメートル
体重   95キログラム
パンチ力   3トン
キック力   7トン
ジャンプ力   一跳び37メートル
走力   100メートルを5,8秒(通常時間時)

カブトクナイガンを用いた必殺技
アバランチスラッシュ
カブトクナイガンクナイモードで敵をすれ違いざまに切り裂く必殺技。ライダーフォームでワームサナギ体を殲滅する時に使用される。

必殺技 ライダーキック

ライダーフォーム時の必殺技。
カブトゼクター上部のスイッチを「1、2、3」の順に押した後、ゼクターホーンを一旦マスクドフォームの位置に戻し、再び倒す事で「ライダーキック」という電子音声の発声とともに、ゼクター内で生成、貯蔵されたタキオン粒子をベルトにてチャージアップする。

頭部のカブトホーンを経由し、脚部のライダーストンパーにて波動化することで、敵を原子崩壊、消滅させるほどにキック力を高める。

発動手順が他のライダーよりも長くなっているが、その分破壊力は19トンと高い。

従来のライダーキックというと、空高くジャンプしての飛び蹴りという印象が強いが、仮面ライダーカブトにおいては、至近距離から回し蹴りを放つ。

カブトエクステンダーエクスモードを使い、ジャンプしてから回し蹴りを行うものや、過去作品のライダーキックのように、ジャンプして複数の敵に命中させるなどのバリエーションも見られる。


スポンサード リンク
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバック

×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。