仮面ライダーキバ 仮面ライダーカブトに関するあらゆることを紹介します。画像 動画 壁紙 PS2 劇場版
仮面ライダーカブト

スポンサード リンク


【仮面ライダー】

このブログは、「仮面ライダーカブト」について、いろいろ書いてます。

後番組の「仮面ライダー電王」については
>>>仮面ライダー電王のすべて

2008年放送予定の仮面ライダーについては
>>>仮面ライダーキバのすべて



スポンサード リンク

仮面ライダー カブトの世界

クロックアップ

クロックアップとは、ワーム成虫体、マスクドライダーのライダーフォーム、カブトエクステンダーのエクスモードが行う事ができる、超高速の特殊移動方法。

ワームは自らの意志で、ライダーの場合は腰部のベルトにあるスイッチに触れる事によって発動する。

ちなみにライダーの場合はスイッチの場所が異なり、カブト、ガタックはベルトの両脇にスイッチがあり、その他のライダーはスライド式のスイッチがバックル中心部の両脇にある。

クロックアップを発動したライダーたちは、周囲の時間の流れから切り離されて、超高速での移動が可能となる。

クロックアップ中の彼等の姿は、通常の時間の流れにいる者からは見ることができない。
そのため、クロックアップ時の闘いは、例え市街地や人込みの中で行われても全く気付かれず、クロックオーバー後に、クロックアップ中に起こっていた変化(物質の破壊や移動など)が認識されることになる。

逆にライダー、ワーム側から見れば、クロップアップ中は自分たち以外の時間がほぼ止まっているような状態である。

ワーム、ライダーともに、クロックアップを実行できる時間には限界があり、ライダーの場合だと、あまりに長時間のクロックアップは装着者に負担が掛かるため、ゼクターが自動的に、またはライダー自らクロックアップを解除する。
ワームのクロックアップ発動による身体的影響は不明である。

ライダーとカブトエクステンダーは、クロックアップ発動時には「クロックアップ」、解除時には「クロックオーバー」という電子音声が発声される。

ハイパーフォームとなったライダーは、通常のクロックアップよりも遥かに早いスピードで活動できるうえに、タイムトラベルまでが可能な「ハイパークロックアップ」、さらにカッシスワームは、事実上時を止めてしまうほどの超高速移動「フリーズ」を発動可能。

しかし、これらにもやはり制限時間は存在し、短時間においての連続発動は不可能であるようだ。


スポンサード リンク
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバック

×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。