仮面ライダーキバ 仮面ライダーカブトに関するあらゆることを紹介します。画像 動画 壁紙 PS2 劇場版
仮面ライダーカブト

スポンサード リンク


【仮面ライダー】

このブログは、「仮面ライダーカブト」について、いろいろ書いてます。

後番組の「仮面ライダー電王」については
>>>仮面ライダー電王のすべて

2008年放送予定の仮面ライダーについては
>>>仮面ライダーキバのすべて



スポンサード リンク

仮面ライダー カブト/マスクドライダーシステム

仮面ライダーカブトのマスクドライダーシステム

「マスクドライダーシステム」とは、「仮面ライダー」になる為のシステムの総称である。

このシステムを使って変身した者たちを、劇中で「仮面ライダー」と呼ぶ事は無く、「マスクドライダーシステムを使いこなす者(装着者)」という意味で「マスクドライダー」、あるいは「ライダー」と呼んでいる。

仮面ライダーカブト」では一部のライダーにおいて「仮面ライダー555」のように、変身する者が頻繁に交代するといったシチュエーションも登場し、放送中は他のライダーでも交代劇が行われるのか?という点が注目されていたが、最終的には一部のみであった。

マスクドライダーシステムは、ZECTによって開発された特殊戦闘システムである。このシステムを使って変身するライダーは基本的に人体に改造は施さず、装甲を身にまとう形での変身となっている。

マスクドライダーシステムは、マスクドフォームからライダーフォームへの2段階変身をおこない、キャストオフ、プットオンで自在にフォームチェンジが可能である。
タキオン粒子を用いた超絶技術、クロックアップとともに、対ワーム戦には不可欠な2大テクノロジーである。

物語の進展にともなって、単なる武装の域を超え、資格者やシステムそのものにまつわる謎や秘密が多くなり、物語の根幹に関わるモノとして描写された。


スポンサード リンク
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバック

×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。