仮面ライダーキバ 仮面ライダーカブトに関するあらゆることを紹介します。画像 動画 壁紙 PS2 劇場版
仮面ライダーカブト

スポンサード リンク


【仮面ライダー】

このブログは、「仮面ライダーカブト」について、いろいろ書いてます。

後番組の「仮面ライダー電王」については
>>>仮面ライダー電王のすべて

2008年放送予定の仮面ライダーについては
>>>仮面ライダーキバのすべて



スポンサード リンク

仮面ライダー カブトの世界

ZECT(ゼクト)

ワームと戦う超法規的組織。35年前のネイティブとの遭遇によって、後に再度のワーム侵入が予期されるため、その事態に備えるために、警視総監でもある加賀美陸が、その権力を利用して設立した。

表向きはワームから人類を守るべき組織だが、その実態はネイティブをワームから守るための組織であった。名目上のトップは陸だが、それより上にネイティブによって構成される評議会が存在し、組織の最終決定は彼らによって下される。実際にワームを調査、掃討する複数のチームなどで構成される。

第一話において二人の刑事が語った内容から、ZECTは警察よりも高い権限を持っていることが伺える。場合によっては拷問や誘拐及び拉致監禁も認められているようだ。またワーム根絶が目的ではあるが、人命はあまり重視されず、ワーム一掃のための人間の犠牲を厭わない。

ゼクターやライダーベルト、その他の対ワーム用兵器等は、この組織が開発しているとされているが、実際にはネイティブにより開発されていたらしい。

その組織の最大の特徴は“徹底的な秘密主義”である。メンバーである加賀美新や岬、チームリーダーの田所でさえ、ZECTの全貌は把握できていない。これはZECT内部に擬態したワームが侵入することを防止するためだとされている。

また完全なる実力主義を採っており、マスクドライダー資格者でなくても、たとえ組織に入って日の浅い者でも、統率能力が高ければ高い地位につくことができる。

最終決戦から1年以内にZECTは解散したようだ。


スポンサード リンク
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバック

×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。